知床半島の旅

画像
Higo-Pharmacy Blog



 毎日、お疲れ様です <(_ _)>


今回は、本当に久々、福娘 画像 さんの登場です。


 前々回、屋久島に行かれた時の事を書いて頂きましたが、
今回で、4回目の投稿です。


       2011年4月14日 『 岡山後楽園・春の花めぐり
       2010年5月17日 『 世界自然遺産・屋久島
       2008年 1月 3日 『 アメリカ7日間の旅 』      by 福娘さん


今回は、屋久島と同じく、世界自然遺産である「知床半島」へ旅行された
時の事を、お忙しい合間を縫って、思い出の写真と共に投稿して頂きました。


管理人 画像     









         知床半島の旅    前編



 アイヌ語で「地の果て」を意味する知床半島には、断崖が続く海岸と
それに続く深い森、半島を貫く険しい山々、多くの川や点在する湖と草原、
流氷など、様々な自然の中で、野生動物の本来のままの営みが
守られてきました。


 2005年に世界自然遺産への登録が決定し、屋久島、白神山地に続き
国内3番目の世界自然遺産となりました。


 2泊3日の旅行でしたが、北の大地と自然を満喫することが出来ました。


 1日目 羽田空港から約1時間40分、ウトロに一番近い女満別空港に到着。


 レンタカーで小清水原生花園へ。


 小清水原生花園は、オホーツク海と濤沸(とうふつ)湖に挟まれた
約8kmの細長い砂丘全体が天然の花畑となっています。


 ハマナスエゾキスゲエゾカワラナデシコエゾスカシユリなどが
知床の潮風にそよいでいました。



画像
小清水 原生花園


画像
ハマナス


画像
エゾキスゲ


画像
エゾカワラナデシコ


画像
エゾスカシユリ



 夜は「知床ナイトシアター」に参加。


 静寂で真っ暗な森の中をサーチライトで照らすとエゾシカがたたずんでいたり、
キタキツネのすばやい行動に出会いました。


 ただ残念だったのは、曇っていたため満天の星空は見ることが
できませんでした。



後編へ、つづく    



福娘 画像  







 知床半島と言えば、森繁久彌さんが、作詞作曲された、あの有名な
知床旅情」を思い出しますが、その歌詞の中に出てくる「ハマナス」を、
今回、初めて、福娘さんの写真で見る事が、出来ました。


 ピンク色の可憐な花だったんですね


管理人 画像  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック