人間は、足から死んでいく

画像
Higo-Pharmacy Blog


 毎日、お疲れ様です <(_ _)>


 先日、生まれて初めて、新幹線に乗った。


 駅の横の立体駐車場の四階に車を止め、両手に、
重い荷物を持って、広い駅の構内の乗り場を目指して歩いた。


 途中、みどりの窓口で、指定席の切符を買い、時間を尋ねると、
出発まで、あと 15分 とのこと。


 急がねば・・・。 改札を通り、乗り場へと急いだ。


 乗り場は、改札より、ひとつ上の階で、乗り場への道は、
左右二手に分かれていた。


 初めての新幹線でもあり、時間もなかったので、
売店の女の人に、切符を見せて、どちらへ行けばいいのか尋ねると、
左の方だと教えてくれた。


 お礼を言って、左側のエスカレーターで、上の階の乗り場へ向かった。


 乗り場に着くと、もうすぐ出発だというのに、人は、まばらだった。


  なぜか、いやな予感がした・・・。


 遠くに見えた駅員さんのところへダッシュして、尋ねてみると、


 

反対側の乗り場ですよ 」 とのこと。




 「 おぉ~なんてこった Oh My Gosh !!


 

 重い荷物を両手に提げたまま、エスカレーターを駆け下り、
先ほど道を教えてくれた売店の女の人を、横目で見ながら、
反対側のエスカレーターを駆け上がった。


 乗り場に着くと、出発 3分 前だった。何とか、間に合って、
ほっとした途端に、汗と疲れが、どっと出た。



 こんなに歩いて、走ったのは、いつ以来だっただろうか・・・。



 新幹線の座席に座り、腕と足をさすりながら、双子の長寿で、有名だった、
蟹江ぎん 」さん(ぎんさん)の言葉を思い出した。




人間は、足から死んでいく




108歳まで元気で、長生きされた「ぎんさん」の深い重みのある名言です。


 ぎんさんのお姉さんの「 成田 きん 」さん(きんさん)も、
107歳と長寿でした。


 ぎんさんは、100歳と、なってからも、毎日30分の散歩が日課だったそうです。


 100歳を越えても、いかに、歩くことが、人間にとって大切なのかを、
身を持って、日々感じていらっしゃったのでしょう。


 ぎんさんの熱き思いを偲びつつ、自らも、もっと、歩いて足を、鍛え直さねばと、
車窓の流れ行く風景を見つめながら思った、初めての新幹線の旅でした。



管理人 画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 204

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック